※ 1つだけ技術キーワードを入力してください。

※ Internet Explorerでは共起語ネットワークを表示できません。

分析レポート

「IoT」とは

  1. IoTシステムはICT業界のみならず農業分野,防災分野,環境モニタリング分野など各分野において期待され導入の推進が行われている.
  2. NB-IoTでは,同一の信号を繰り返し送信し,受信側でそれらを合成することで,受信感度を向上するRepetitionが導入される.

「IoT」に関する
文献の投稿件数推移

「IoT」に関して
ここがすごい!

  1. 今後利用するサービスが普及すると,サービス毎にセンサの無線プロトコルに対応するアクセスポイントを構築しなければならいことから,あらゆるセンサを収容できるIoT向けアクセスポイントの実現が期待されている.
  2. 多種多様なデバイスが何百億という単位でネットワークに接続されるIoT(Internet of Things)に世界的な注目が集まっており,そのデータ収集や分析から新たなサービス・価値提供を創造する取り組みが盛んに行われている.
  3. 無線センサアクチュエータノードを収容する無線センサアクチュエータネットワーク (Wireless Sensor Actuator Networks,WSAN) は, M2M (Machine to Machine) や IoT (Inernet of Things) の基盤技術として実用化への期待が高まっている.
  4. 近年,無線センサ端末の小型化・低コスト化・省電力化や,IoT (Internet Of Things) に代表される無線センサネットワークの応用例の広がりにより,大規模無線センサネットワークへの期待が急速に高まっている.
  5. IoTシステム構築における重要な要素としてリアルタイムにセンシングされた大量のデータを分析することにより,今まで以上の効率化とコストメリットさらには新しいサービス展開等が期待されている.
  6. IoTデバイスから実時間で獲得されるストリーミングデータを「情報流」 (Information Flow)と捉え,エッジ・コンピューティング技術により実時間で情報流を流通させる新たなサービスが期待されている.
  7. 近年,ホビー用機器から始まり,家電製品から果ては重要インフラまでIoT(Internet of Things)の活用が見込まれ,それが実現することで,より豊かな社会が実現されることが予想されている.
  8. スマートフォンや携帯型端末の普及に加えて,センサ等の様々な機器が通信機能を搭載し,あらゆる「モノ」がインターネットに接続されるInternet of Things(IoT) 技術が盛んに研究されている.
  9. 近年,存在する全ての物理デバイスがインターネットに接続され,デバイス間で通信を行うことで相互制御や新たなサービスの提供を実現を果たす IoT (Internet of Things) が注目を集めている.
  10. 近年スマートフォンのように多数のセンサーを搭載したインターネット機器や,Arduinoなどのプロトタイピングツールの普及によりIoTデバイスの広がりや需要が高まってきている.

「IoT」の
共起語ネットワーク

「IoT」に関して
ここを解決したい!

  1. 近年,携帯電話やスマートフォンなどの従来端末による通信だけでなく,M2M/IoT通信をセルラネットワークに収容することが検討されており,M2M/IoT通信収容のための制御プレーンの効率化が課題となっている.
  2. 昨今のスマートグリッドやIoT・M2Mなどの巨大ICTシステムにおいて,マルチベンダー製品間の通信は必須であり,その相互接続性の確保は,システム上の最重要課題の一つである.
  3. IoT(Internet of Things)を促進させるために1兆個ものセンサノードが必要となると言われており,これを収容するM2Mネットワークを実現するためには,様々な技術課題が考えられる.
  4. IoT に適する MQTT は中央集中型のアーキテクチャであるため,デバイス数やデータサイズの増加に伴うプラットフォームを構成するサーバ負荷の増大が問題となる.
  5. 今後,IoTデバイスによるセンサー情報等の上りトラフィックが急増すると予測されることから多数デバイスをいかに基地局に収容するかが課題となる.
  6. 今後のIoT/M2Mサービスの普及に伴い,モバイルネットワークは,帯域や遅延等の要件の異なる多種多様なIoT/M2Mデバイスの収容に対応する必要がある.
  7. スマートフォンは頻繁に移動するため,IoT デバイスへのメッセージ配送の際には,メッセージの中継を行うスマートフォンの探索の必要がある.
  8. 今後のIoTサービスの普及に伴い,モバイルネットワークは,帯域や遅延等の要件の異なる多種多様なIoTデバイスの収容に対応する必要がある.
  9. 膨大な数の IoT デバイスすべてにセルラーインタフェースを持たせることは,設備投資と運用コストが増大するため困難である.
  10. 5Gネットワークは,IoTやM2Mの進展に伴い,モバイルトラフィックの増大やデバイスの増加・多様化に対応する必要がある.